英語 日本語
メッセージ
06/16/2014
7/10『キスアリキ。③』発売!!

7/10に『キスアリキ。』の3巻が発売になります!

この巻で完結になるこのシリーズですが、今まで描かなかったタイプの主人公や、汚いおっさんを鬼程描いたりと本当に毎回楽しかった! 彼らに対する愛情は尽きないし、まだ描きたい気持ちはありますが、一先ずここで区切りとさせて頂きました。また機会があったら描きたいです!

他にもアンソロのお題に合わせて描き散らしたせいで、コミックスにまとめられないシリーズが数本ありますが、そちらも追々まとめていくので、宜しくお願いします!

さてさて、今回はキスアリキのコミックスに関してのメッセージなので、作品に関して頂いていたご質問にお答えしたいと思います!

PINK GOLDで描かせて頂いた「男弁天艶聞録」。これがキスアリキの透の先祖のお話でしょうかとのご質問でしたが。答えは「そうです」(笑)。裏設定に近い設定でしたし、気付いた方だけ楽しんで頂けたらなー位で描かせて頂きました。この話は、透が「生弁天」と称されてる回を読んだ担当さんが「生弁天」が見たい!と仰ったのが切っ掛けだったのですが、最近、担当さんがそう言った事すら覚えてない事が発覚しました。

超がっかり(笑)なので読者様に気付いて頂けて良かったです!

 

後、英語版のタイトル『Starting with a kiss』に関して。

「ありき」を「Starting」と訳して頂いた訳ですが、ギリシャ語の「αρχή(はじまり)」と日本語の「ありき」が同音で同じ意味なのかというご質問を頂きました。

結論から言うと、私は「最初にキスありき」という意味でタイトルを作ったので、意訳でこの『Starting with a kiss』になったと思うのですが。だから厳密に言えば日本語「ありき」の意味と、ギリシャ語の「αρχή」とは違うと思います。でも意訳した結果が、外国の同じ音、似た様な意ニュアンスの言葉と結びついたのはとても面白いと感じました!

今回この質問に答える為に、改めて海外版を見たのですが、他の言語はそのまま『KISS ARIKI』って表記なんですね。日本語そのままのタイトルがどういう感覚で受け止められているか興味が沸きました!

コミックス発売、頂く感想がそのまま次の作品への栄養になるので、また感想等聞かせて頂けると嬉しいです! それではまた!

新田祐克